秘密の花園

 2013-03-25
▲2013.3/22(金)晴 単独

 フゥ~~、やっと到着!・・・スタートしてから2時間と36分。
沢を詰めて行く後半で「これでホントに間違いないだろうな?」と少し不安に駆られることもありましたが、無事迷うことなく到着しました。 

♥「秘密の花園」・・・福寿草の大群落地
山の斜面に点在する古木(巨樹)と苔むした倒木
太陽の光りを浴びて福寿草の花達は黄金色に輝いている
いつしかメルヘンの世界に誘われ、花の精達と戯れ、
古木(巨樹)達の内なる声に耳を傾けた・・・
IMG_3279_convert_20130326172625.jpg
もう福寿草の葉っぱがフサフサです。
IMG_3340_convert_20130326210055.jpg
地表が葉っぱフサフサで覆われる時に見たかったので、くろすけ的にはタイムリーでした。
IMG_3277_convert_20130324235444.jpg
こんなに群生しているのは初めて見ました。
IMG_3132_convert_20130324222714.jpg
花達はみな、太陽の方に向いています・・・
IMG_3215_convert_20130324223519.jpg
「春の賛歌」の大合唱が聞こえてきます・・・
IMG_3151_convert_20130324222415.jpg
どうして此処にだけ・・・不思議空間、神の領域?
IMG_3125_convert_20130326200128.jpg
守り神のような古木(巨樹)達・・・①
IMG_3129_convert_20130326200451.jpg
守り神のような古木(巨樹)達・・・②
IMG_3149_convert_20130326201025.jpg
②のアップ
IMG_3165_convert_20130324223929.jpg
②を別角度でアップ
IMG_3147_convert_20130324232836.jpg
②をさらに別角度で・・・陽光が差し込んで・・・
まるで天からエネルギーを注がれているようだ・・・
IMG_3172_convert_20130324224153.jpg

IMG_3214_convert_20130326203258.jpg
古木(巨樹)達も、花達を愛しんでいる・・・
IMG_3234_convert_20130326203446.jpg

IMG_3216_convert_20130324225110.jpg
守り神のような古木(巨樹)達・・・③
IMG_3334_convert_20130324234621.jpg
③を別角度で・・・陽光を受けて
IMG_3222_convert_20130326230051.jpg

IMG_3247_convert_20130324233452.jpg IMG_3140_convert_20130325000824.jpg

IMG_3177_convert_20130326201725.jpg
キンポウゲ科多年草
♥花言葉「永久の幸福・思い出・祝福」
IMG_3205_convert_20130326232234.jpg IMG_3242_convert_20130326231825.jpg

IMG_3191_convert_20130326201917.jpg
帰る時間が近づいてきました・・・
IMG_3274_convert_20130326214528.jpg IMG_3271_convert_20130326215328.jpg
黄金色に輝いて・・・
ありがとう!花達、そして古木(巨木)達と山の神様・・・
IMG_3282_convert_20130324223017.jpg
さよなら、いつまでも変わりませんように・・・
後ろ髪引かれる思いでこの地を後にする・・・
IMG_3342_convert_20130326212549.jpg
 
 この福寿草の大群落地の存在を知ったのはつい最近の事である。「秘密の・・・」という響きと、誰でも簡単に行ける場所ではない(地図にも載ってない、登山道も一部不明瞭で難路)という、冒険心をくすぐる内容に花好きで好奇心旺盛のくろすけセンサーが反応し、「こりゃぁ、行かねば」とネット情報を頼りに色々調べ上げ、単独実行する事に相成ったのである。当日は、朝1番の電車に乗って出掛けたのだが、途中で(吾野駅手前)電気系統の不具合発生し電車が停止するというハプニングに見舞われ(次の電車に乗り換え、結果的には40分の遅れとなった)、もしや行く先を暗示してるのでは・・・と、少し心配になったりもしたが、幸い目的の場所には道迷いせず行け、何よりも天気に恵まれ、福寿草の花達もまだ元気なうちに(今年は桜同様開花が早かった)逢えたのでラッキーだったと山の神様に感謝している。

<自宅~池袋~飯能~西武秩父(タクシー)~渓流荘前…橋9:07…林道…崩壊地…沢コース…11:43福寿草自生地13:35…往路を戻る…15:15渓流荘前(タクシー)~西武秩父~自宅>
・当日現地で出逢った人(単独男性3人、男女1組)
・西武秩父駅前からの市営バス(ぬくもり号)は、10:00が始発、帰路も14:00 16:00と時間的に合わず急いでいたのでタクシー利用となる。

 現実には、「山と渓谷」2003.3月号で取り上げられてから、ネット情報などを介し大勢の人が知る事となり、あまり「秘密」ではなくなってしまった感が強いらしいが、まだ道迷いをする人も結構いるし、何より昨今は大勢の人が入る事での踏み荒らしも問題になっているという。くろすけも十分注意し行動しました。

 難路を突破して、ようやく辿り着く秩父・大平山近く「大ドッケの福寿草」・・・これからも幸福を招く花の使者達が、この地でずっと愛され咲き続けられるよう願ってやまない・・・。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
いい目の保養をさせてもらいました(^^)v

私は山とか渓谷など美しい自然の写真を見るのが好きで、
実際に自分の目で見てみたいと思うのですが、
そこに行き着くまでの大変さを考えると、
とても行動には移せないでいる出無精者です。

そんな私が言うのも変ですが、
本当に、こんなに素晴らしい自然が残っている場所を壊さないように、
皆が気をつけて大切にしていきたいですね。
【2013/03/27 10:38】 | 森のくまくん #- | [edit]
ありがとうございます。
写真だけでは伝えきれないものもありますが、
突然現れる大群落地に感動でした・・・

くろすけも美しい自然の風景に魅了され、
おばさんになってから登山を始めました。
お転婆おばさんの身体が何とかこなせるうちは、
いろいろと大変な所を先に廻っておこうと思ってますが、
くろすけを駆り立てる未知への好奇心と
お休みを取る事・経費とが比例しないので、
やりくりが大変です・・・i-229
【2013/03/27 14:45】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
訪問ありがとうございます。

わたしたちがここを訪れた日はあいにくの曇り空でしたが、晴天の日のフクジュソウほんとうにはきれいですね!

スミレはわたしたちも駆け出しで、ルーペとスミレの図鑑で何とか同定しています。

これからもよろしくお願いします。


【2013/03/27 22:13】 | ピテカン&カッパ #- | [edit]
早速のご訪問ありがとうございます。

やっぱりルーペは必要なんですね・・・
閉店セールでルーペを買っていた事を今思い出しました。
これからは、くろすけも活用していきたいと思います。

こちらこそあらためまして宜しくお願い致します。
【2013/03/27 23:03】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
これは凄いです。
見応えありますね。
機会があれば観てみたいものです。
情報ありがとうございました。
【2013/03/29 15:34】 | yamasanpo #sSHoJftA | [edit]
是非、福寿草大大好きな奥様と御一緒に訪ねてみて下さい。
くろすけもその存在を極最近知ったばかりでしたが、
「秘密の花園」の魔力に魅かれて、
行ってしまいました。
これからも大事に見守っていきたい場所です。
【2013/03/29 17:02】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/52-e0ed02e1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫