FC2ブログ

中之条:嵩岩

 2018-12-06
踏ん張っては耐え、踏ん張っては一歩進み。。。
踏ん張っては希望を見出し。。。
そうやって頑張って来た。。。
この踏ん張りの中に未来への軌跡が描かれるのだ。。。

五郎岩より嵩岩(大天狗)を望む  ♦美脚・美尻に程遠く。。m(__)m   ※kaさん撮
20181202_125232_convert_20181205230614.jpg 

<2日目> ※写真はクリックで全て拡大可


2018.12/2(日)快晴

 深夜1時過ぎ一度目覚めたが、珍しく眠れた方だと思う。。
6時過ぎ起床。ベランダから空を見上げるとまだ三日月が天に。。朝風呂に入り、7時朝食。。夕べ食べ過ぎたと思っても、朝にはしっかりとお腹も減るのだから、山旅での温泉と言うのは、心身ともに蘇生させる効果が大なんだとあらためて思う。今日も絶好調!
8時宿を出発。約1時間20分ほどで登山口の道の駅「たけやま」に到着。駐車場からは、男岩に「待ってたよ~」と声かけられる。
20181202_070203_convert_20181206171712.jpg 20181202_075627_convert_20181206171733.jpg 20181202_094228_convert_20181204211534.jpg

嵩山は標高789mの独立した山で、渋川方面から吾妻に入って一番先に見える姿の美しい山です。
中之条町のシンボルのひとつとなっていて、吾妻八景の一つ。史跡や奇岩、怪石が連なり、三十三の観音を巡るハイキングコースなども整備されていて、素晴らしい眺望と共に楽しめる。 
※道の駅霊山たけやまの案内より



9:45 表登山道出発!直ぐに一の木戸(嵩山城の外側の門跡地)~スカイツリーと同じ高さ通過
20181202_094559_convert_20181206191511.jpg 20181202_094652_convert_20181206191530.jpg 20181202_095415_convert_20181206191602.jpg

展望が開け、榛名山が。。。
20181202_100217_convert_20181206192533.jpg 20181202_100941_convert_20181206192600.jpg

東屋~荷物をデポし小天狗
20181202_101725_convert_20181206193513.jpg 20181202_101935_convert_20181206194033.jpg 20181202_102322_convert_20181206193552.jpg

・岩壁を回り込んで。。。      ・石門             ・不動岩の登り(鎖付)
20181202_102724_convert_20181206194528.jpg 20181202_102920_convert_20181206194612.jpg 20181202_103813_convert_20181204211851.jpg

不動岩の天辺を14人で占領!  ※Oボス撮影拝借m(__)m   ・シャドー遊び
RIMG0145_convert_20181206195303.jpg 20181202_105003_convert_20181206195032.jpg

上の写真はOボスが小天狗に戻って撮影したもの        ・不動岩、慎重に下ります
420181202_103721-_convert_20181206202647.jpg 20181202_104414_convert_20181204211930.jpg

・東屋にて小休止      ・落ち葉で滑らないように。。直ぐに登り返して。。
20181202_105714_convert_20181206203230.jpg 20181202_110549_convert_20181206203257.jpg

胎内くぐり(第一関門は幅制限有り。。 岩壁を伝って下に降り、さらに鎖で急斜面を下降。。
20181202_110749_convert_20181206203414.jpg 20181202_110915_convert_20181206203717.jpg 20181202_111306_convert_20181206203540.jpg

・三社神社~
20181202_112135_convert_20181206204915.jpg 20181202_112211_convert_20181206204947.jpg 20181202_112427_convert_20181206205009.jpg

・岩場をわざわざトラバースして楽しむ 
        ・嵩山城本丸跡(実城の平)悲話有り、祀られた観音像70体、阿弥陀如来1体 
20181202_112940_convert_20181206205429.jpg 20181202_113035_convert_20181206205454.jpg 20181202_113200_convert_20181206205515.jpg

・経塚を経て嵩山(大天狗)へ。。。結構長い岩場(鎖付)
20181202_113611_convert_20181206211032.jpg 20181202_114041_convert_20181206211057.jpg 20181202_114431_convert_20181206211122.jpg

                   ・女岩を登る      ・嵩山(大天狗)山頂789m
20181202_114527_convert_20181204212302.jpg 20181202_114616_convert_20181206211626.jpg 20181202_115341_convert_20181206213134.jpg

展望テラス?にてランチ。。  
・十二ケ岳~子持山                      ・中央奥に浅間山
20181202_121013_convert_20181206213647.jpg 20181202_121957_convert_20181206213704.jpg

狂ってでも、も一度咲きたい。。me too ・嵩岩の鎖場を下りる  ・五郎岩に向かう。。
20181202_115607_convert_20181206214918.jpg 20181202_122812_convert_20181206214853.jpg 20181202_124036_convert_20181206214938.jpg

カッコイイ!烏帽子岩(スカイダイブシャーク!)~緩く登った先に~五郎岩から嵩岩(大天狗)を眺める
20181202_124630_convert_20181206215001.jpg 20181202_124800_convert_20181206215022.jpg 20181202_125102_convert_20181204212400.jpg

そして、五郎岩にて踏ん張るくろすけ。。でした。   Mさん撮
CIMG8584_convert_20181206220812.jpg CIMG8585_convert_20181206220832.jpg

往路を東屋まで戻り。。。東登山道へ。。。       ・おっ、何やら切り立った巨大岩壁!
20181202_130602_convert_20181206221533.jpg 20181202_130912_convert_20181206221958.jpg

弥勒穴へ。ここ登れるのかしら? おっ、ちゃんと鎖なんか付いてるぞ。やっぱ、探検は欠かせない。
20181202_131607_convert_20181206222751.jpg 20181202_131645_convert_20181206222833.jpg 20181202_132238_convert_20181206222853.jpg

鎖伝いに岩をトラバースして行くと。。。小さな穴が開いており、弥勒菩薩が。。。
穴の神は、人体にある目や耳、鼻、口等ありとあらゆる穴に関する病気にご利益があったとか。。お産の神、女性の神として崇められる。
20181202_133039_convert_20181206222909.jpg 20181202_133328_convert_20181206222937.jpg 20181202_133422_convert_20181206222954.jpg

ほぼくまなく一周して東登山口~道の駅駐車場に戻る。和歌が。。フムフム お疲れさま!13:43着
20181202_133638_convert_20181206224454.jpg 20181202_134219_convert_20181206224512.jpg 20181202_134313_convert_20181206224530.jpg


<おまけ>
道の駅真ん前にある。。。
親都神社の樹齢約700年大ケヤキ(群馬県指定天然記念物)
20181202_135818_convert_20181206225418.jpg


 1泊2日の忘年山行、メチャ充実・大満足の山行でした。
イマジネーションくすぐる個性的な宿に泊まり、大好きな尖がり山とアスレチック的な岩山では童心に返って楽しめました。
Yリーダー始め、会の皆さまお世話になりました。ありがとうございました。m(__)m

出逢った全てに感謝!

スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/549-460ff09c

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫