赤面山~中の大倉山

 2013-06-06
 「関東一のシロヤシオ」の触込みにつられ久し振りにSHCの山行に参加して来ました。
▲2013.6/5(水)晴時々曇
<久喜駅7:00―9:43白河スキー場跡(登山口)9:58---11:54赤面山(1701.1m)12:25---前岳---13:19分岐---中の大倉尾根---14:00中の大倉山(1417.1m)---15:05北温泉P―15:20休暇孫村那須(入浴)16:30―19:05久喜駅>
 
 朝一番の電車に乗り、集合地の埼玉:久喜駅へ。
参加者は28名。バスの中でリーダーより、午後から天気が崩れる(雷雨)予報が出ているので、スタートを青少年自然の家から白河スキー場跡に変更する旨伝えられる。(これで約1時間位短縮となるらしい。)
途中、高速で事故渋滞に遭遇するが、幸い反対車線だったので、大幅に遅れることなくほっとした。
 スキー場跡の廃屋前の駐車場で、準備体操をし出発。今のところ雲は多いが青空で天気は良い。ただ風がないので蒸し暑い。リフト跡に沿った石ゴロゴロの登山道は、徐々に傾斜を増し歩を進めるごとに汗が噴き出してくる。ズミの花を見送り、少しするとブナ林となり赤面山への入口となる。新緑の美しいブナ林に時々ムラサキヤシオツツジが登場し目を惹く。ダケカンバから笹原へと植生が変わり、涼やかな風が渡ってくると、突然視界が開け、那須連峰の茶臼岳と朝日岳が目に飛び込んできた。ワォ~!
IMG_4817.jpg IMG_4820.jpg IMG_4828.jpg
IMG_4831_convert_20130607232612.jpg IMG_4835_convert_20130607231208.jpg IMG_4839_convert_20130607231337.jpg
背丈が隠れるほどにえぐれた登山道をエンヤコラひと登りすると、そこは360度の展望が広がる赤面山山頂(1701m)だった。ミネザクラは葉桜となり、シャクナゲが咲いていた。
・左:茶臼岳 中央:朝日岳 右:前岳
IMG_4844_convert_20130605231802.jpg
・右側の尖がりは、もう一つの旭岳(二つのアサヒ岳カッコイイ~!)
 爽やかな風が実に心地良い山頂で昼食。
(メンバーの方から頂いたきゅうりの浅漬けが冷たくてメチャ美味しかった。)
IMG_4847_convert_20130606222739.jpg IMG_4845+(2)_convert_20130606223055.jpg
黒い怪しげな雲を気にしながら、ゴツゴツした岩を下り、前岳へと向かう。振り返って見る赤面山(右)
IMG_4856_convert_20130607231854.jpg IMG_4859_convert_20130607231953.jpg
登山道の笹原や潅木帯には、ムラサキヤシオツツジシャクナゲが・・・
IMG_4890_convert_20130606065622.jpg IMG_4861+(2)_convert_20130607065625.jpg
IMG_4867_convert_20130608234521.jpg
登山道は時に、背丈が隠れるほどの笹原が出てきたり、残雪の急斜面をトラバースする場(6、7mほどの残雪だが足を滑らせて数メートル落ちてしまった人がいた。幸い怪我なし)も1か所出てきたりした。また、こちら前岳の斜面ではまだミネザクラも満開だった。
IMG_4871_convert_20130607233926.jpg IMG_4869_convert_20130609001453.jpg
残雪を慎重に渡り、10分ほど急登すると前岳分岐に出た。数組の登山者達に出会う。左遠方に赤面山の斜面が一部赤くなっているのが見える。名前の言われはそこからきてるのかな?・・なんて思ったりした(調べてないので不確か)右側の茶臼岳・朝日岳には暗雲が立ち込めている。どうか降りませんようにと祈りながら、ワイヤーネットで覆われた中の大倉尾根の登山道を降りて行く。ミツバオーレン、イワカガミがちょっとだけ咲いていた。樹林帯に入り間もなく、今回目的のシロヤシオツツジが初登場。
IMG_4882.jpg IMG_4893.jpg
★2番目に登場したシロヤシオの巨木が素晴らしかった。
 今を盛りと咲いていた。

IMG_4894.jpg
★をアップ・・・実に清楚だ!
IMG_4895_convert_20130605231349.jpg
★を更にアップ・・・気品もある!
IMG_4896.jpg
・愛子様の御印として知られる
IMG_4900 (2)
さて~、中の大倉山に到着するまでに目を見張るものは、★の写真の1本しかなかったので、今後で期待!・・「関東一」とはどんなかなぁ・・・と心ワクワクさせながら、歩を進めたのですが、一向に白い花たちが姿を見せず・・・え~~っ!そんな~・・・
うそでしょう?・・・目を凝らしながら歩くが・・・
白い花たちほんの少ししか登場せず!・・・超ガックリ!
でも、たった1本だけど素晴らしいの見られたからよしとしなきゃぁ・・・ですよね。
・中の大倉山山頂(1417.1m)
IMG_4902.jpg IMG_4913.jpg
・シロヤシオの古木(松の木肌のよう)と葉っぱ
 葉っぱが5枚なのでゴヨウツツジとも言われる
IMG_4914_convert_20130608000239.jpg IMG_4916_convert_20130608000507.jpg
シロヤシオロードは、白い花たちのささやきが聞けずまことに残念であったが、新緑のシャワーを浴びて心は随分と満たされた。下山はヤマツツジの咲く北温泉の駐車場へと抜け、バスで休暇村那須に向かい入浴し帰路に着いた。
IMG_4923_convert_20130608001003.jpg IMG_4924_convert_20130608001047.jpg IMG_4930.jpg

 樹齢300年を超える約3万株のシロヤシオツツジの群生地。周回2.8キロののコースになっているとの事を帰ってきてから知る。周回してたらもっと白い花たちに会えたのか?それとも今年は花の裏年なのか?それとも今年はすでに咲き終わってしまっていたのか?
・・・・いずれにしても花の当たり年はさぞかし素晴らしいに違いない・・・また来るしかない・・・ですね!そして今回の天気予報、はずれて何よりラッキ~!こわ~いカミナリ様に当たれば即刻昇天ですから・・・。やっとSHCでもくろすけの晴れ女の威力発揮できたかなぁ~?

<オマケ>
・見~つけた!・・・まるでサンゴ!
 (前岳山頂への分岐先にて)
IMG_4875_convert_20130608001632.jpg

※追記
 くろすけはフルタイムで働いているのですが、ここの所何んだかんだと雑用が舞い込み、くろすけ、ブログアップにあっぷあっぷしてま~す。パソコン深夜にしか触れられず、今日も気が付いたら寝てました~!休みが欲し~い・・・時間が欲し~い・・・くろすけで~す

スポンサーサイト
タグ :
コメント
こんばんわ。
今年はどこのスポットも良くないようですね。
この場所のシロヤシオは素晴らしいものですよ。これに懲りずに再訪をお薦めします。
【2013/06/10 20:45】 | yamasanpo #- | [edit]
は~い、こんばんわ・・・
シロヤシオ、はずれ年だったのでしょうかね?・・・
また機会がありましたら是非再訪したいと思います。
【2013/06/10 21:47】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。
今回、超ガックリ…だったんですか~
でも、見事なシロヤシオの巨木はすごくきれいで圧倒されましたよ-☆
シロヤシオの回廊、見られなくって残念でしたね~
また、来年リベンジですねo (^0^) o
【2013/06/10 22:36】 | 森のくまくん #- | [edit]
こんばんわ。
シロヤシオは緑の山の中では目立たないのですが、
そばで見るとほんとに純白できれいです。
昨年のやはり6月高原山で見た時は小雨に煙る中で
とても幻想的で素敵でした・・・。

行きたい山、見てみたい花がたくさんあり過ぎ困ったものです・・・。
【2013/06/11 00:11】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
飯豊の件ですが、小屋泊りの山行でしょうか?
朳差小屋も頼母木小屋も管理人が不在、水ホースが雪で凍結し水が出てませんでした。ご注意のほど。
梅花皮小屋の水場はジャブジャブと出ていましたが。
尾根では水がないことを前提に計画されてはと思います。
【2013/06/11 08:56】 | yamasanpo #- | [edit]
情報ありがとうございます。
今回は小屋泊まりです。(杁差岳の避難小屋)
今台風が北上中ですので、今後の天気がちょと心配です。
大幅に東にそれてくれることを今は祈るばかりです・・・。
【2013/06/11 17:04】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/57-4be2ddf9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫