大佐渡縦走・・・③

 2013-05-22
▲2013.5/15(水)晴 単独
 6:30起床。7:30朝食。今日は佐渡最終日。レンタカーを借りて目的地を周ることにした。天気が気になっていたが、今日は晴れとの事。よかったぁ~・・・と言うのは、昨日白雲台からバスで下りて来た時、町がすっぽり濃霧に覆われゴーストタウンのような一種異様な感じがしていたのだ。気温が急激に上がり、海や田んぼの水が水蒸気となり濃霧を発生させたらしいのだが、地元の人でもこんなことは滅多にないと言っていた。船にも影響が出たらしい・・・な事があったもんで。
 レンタカー会社には8時からの約束で車を取りに行く。両津港佐渡汽船ターミナルビル前の佐渡おけさ像の前を通り、小佐渡方面へと車を走らせる。街中は信号もあり、多少車の往来もあるが、ちょっと走るともう行き交う車もほとんどない。海岸線を爽やかな風をきりながらドライブ。
IMG_4653_convert_20130708230936.jpg IMG_4656_convert_20130708231108.jpg
赤亀岩(子亀を助けるために親亀がこの岩になったという謂れがある)
IMG_4658_convert_20130709194408.jpg
小佐渡の外周45号を走り、世界農業遺産に指定された岩首の棚田にやって来た。まずは展望台へとめざし、農道の急坂を登って行くが、山の天辺まで来ても見つからず、道を間違ったかと引き返す。間もなく、ペチャンコに潰れた展望台の屋根を発見。後からわかったことだが今年雪の重みで潰れてしまったんだとか・・・。
・元展望台より、棚田を眺める。視界が良ければ、真っ青な海の上に本土の角田山や弥彦山も見えるらしい。頭上は真っ青な空なのだが、水平線上はボ~っと春霞状態なのだ。残念!
IMG_4661+(2)_convert_20130708231201.jpg
・木がじゃまして、中々いい具合に撮れません。
IMG_4674+(2)_convert_20130708231305.jpg
・ほとんどの棚田は田植えが終わっていました。水を張った棚田が今日は風がないので空の雲をうっすらと写しメルヘンチックな水鏡の世界が広がっています。
IMG_4677+(2)_convert_20130708231405.jpg
・田植えをしている人がいました。ここで収穫したお米は格別な美味しさだとか・・・。ここの棚田は上に行くほど広いという地形的な面白さがあります。
IMG_4686+(2)_convert_20130709194127.jpg
・真っ赤なもみじの木がのどかな風景の引き立て役です。せっかくのいい感じなのに逆光のため山側から撮った写真はみな暗い雰囲気になってしまいました。
IMG_4690.jpg
帰り際に、棚田を振り返る・・・。いい感じです。
日本の美しい原風景がここには残っていました。
季節を変え、時間を変えまた訪れてみたい所です。
IMG_4697+(2)_convert_20130709202935.jpg
夏日のように太陽の日差しがジリジリと強く、えらく暑いです。
養老の滝に寄り、マイナスイオンを浴びる事にしました。滝入口鳥居の赤いモミジの葉とアオダモ?の白い花が日の光の中で対称的な美しさでした。
IMG_4701.jpg IMG_4704.jpg
海岸線に戻り、浦津で右折し65号に入り、山の中を登って行く。189号を少し行くと妙宣寺(日蓮宗)だ。日光東照宮の塔を模した県内唯一の五重の塔
IMG_4710 (2)
また65号に出て、小佐渡を横断するかたちで両津港方面へと走る。菜の花畑から、昨日縦走した大佐渡の峰々を眺める。
IMG_4716_convert_20130709173151.jpg
予定になかった根本寺(日蓮宗)(このお寺のみ参拝料300円)にも寄って見ることにする。その前に駐車場前茶店のところてんの字に誘われ、冷たくプリプリのを箸1本で頂いた。美味しかった~。
文永8年、日蓮上人は死人の捨て場とされていた塚原の三昧堂に入り、このあばら家で開目抄を著したとの事。
IMG_4725.jpg IMG_4728_convert_20130709204536.jpg
・格天井と朱鷺?や龍の彫刻
IMG_4726_convert_20130709204643.jpg
根本寺より大野川ダム方面へと走り、清水寺(せいすいじ:真言宗)へ。仁王門からの石段の道と、天高くそびえる杉並木が古寺の美しさをたたえている。
IMG_4731 (2) IMG_4734.jpg
京都の清水寺を模して建立した言われる寺は小規模だが清水の舞台を彷彿とさせる。
IMG_4741+(2)_convert_20130709175227.jpg
鬱蒼とした木立の中で、時が止まったかのような隔離された静かな空間があった。
IMG_4747+(2)_convert_20130709174920.jpg
今日の目的の最後はトキの森公園(入園料400円)天然記念物:国際保護鳥にもなっている「トキ」をひと目見ておきたいと・・・。こちらには観光バスも乗り入れ結構な人達が来ていた。(棚田は誰も来ず、他のお寺も1人~2人だった。)
・案内のポスター
IMG_4751_convert_20130709205543.jpg
・トキふれあいプラザ:自然に近い生息環境で、トキを間近かに観察できる。
IMG_4760+(2)_convert_20130709173439.jpg
・繁殖期は羽が白から黒っぽく変色する。
IMG_4770+(2)_convert_20130709173522.jpg
・翼を広げた時のトキ色(オレンジがかったピンク色)を是非とも見て、ときめきたかったのですが残念ながら ×
IMG_4762+(2)_convert_20130709192048.jpg
・何かしらユーモラスなお顔立ちに見えますが・・・。
IMG_4753+(2)_convert_20130709192516.jpg
トキの森から20分ほどで両津港へ。レンタカーを返し、佐渡汽船のターミナルビル(海鮮横丁)で遅い昼食をとる。
南蛮エビながも丼(1000円:蟹入りみそ汁はサービス)
ナガモ(海藻)の粘り気とシャキシャキ感、エビのプリプリともコラボして超美味!
IMG_4787_convert_20130709173614.jpg

両津港14:30発のジェットフォィルで15:35新潟港着。16:30発WILLER社の高速バスで新宿に22:15着。そして電車を乗り継ぎ自宅に無事ご帰還と相成る。


 3日間お天気に恵まれ、あふれるほどの花達に出会え、プラスαもつけての大満足の「佐渡の花旅」でした。季節を変えて訪れたい島ですが、今度は、オオミスミソウが真っ盛りの時に是非訪れてみたいなぁ・・・。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
私がまだ小学生くらいの頃だったと思いますが、
絶滅の危機にひんしている
「ニッポニア・ニッポン」とも呼ばれる
朱鷺を守れ!…とテレビなどで盛んに
取り上げられていたのを覚えています。。。

残念ながら、大人になった頃にはもう
日本原種の朱鷺は絶滅してしまっていましたが
トキの森公園というのは
子供の頃よくテレビで見ていた
日本の朱鷺が保護されていた場所なんですねぇ

【2013/07/12 20:46】 | 森のくまくん #- | [edit]
佐渡か~,遠いな~。
でも,この写真を拝見すると,
魅力いっぱいですね。
いつか,行ってみたくなりました。
【2013/07/13 12:47】 | 次席家老 #aYn/cR1c | [edit]
こんばんは。
返信遅れてすみませ~ん。
3日ほど山に行ってた後、過密な仕事漬け。
今やっとパソコン前に座れました。

佐渡の「朱鷺」に限らず、
この日本、否世界、地球上から
相当数の動植物が絶滅あるいは、
絶滅の危機にひんしているという現実

乱獲(盗掘)・環境汚染・自然破壊・・・
みんな人間のエゴが招いた悲しい結果です。

自然の厳しさと共に
人間が自然界の中でどれほど恩恵を受けているか・・・
山に入るたびに思います。

自然との共存のなかで、感謝の念と、
少しでもそれらを守り行動できるひとりでありたいと
くろすけあらためて思います。

【2013/07/18 20:25】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
コメント有難うございます。
相変わらずの山と仕事漬けで、
お返事遅れすみません。

佐渡もいいですが、
九州もいいところがいっぱいですよね。

福岡出身の夫からは、
九重の山のミヤマキリシマが
どんだけきれいか・・・よく聞かされます。
近いうちに是非行きたいとは思っているのですが、
やっぱ、遠いですよね~・・・。
【2013/07/18 20:44】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/68-abbb110d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫