南信州・花桃の里を訪ねて

 2012-05-10
2012.5/3(木)~5/5(土)
 家族旅行で南信州の花桃の里(下伊那郡阿智村)を訪ねた。

5/3(木)自宅(9:00)~東京~中央自動車道~飯田IC(15:30)~R153~R256~阿智村清内路
 出発時雨だったが、現地は曇ときどき日もさす、やはりGW後半なので渋滞にもはまり予想通り遅くなる。
5/4(金)昼神温泉の朝市~駒つなぎの桜~花桃の里~清内路(姿見不動滝・黒船桜・夫婦桜・小黒川のミズナラ・赤子ケ淵 他)曇時々晴れ 有名な1本桜はみんな葉桜になってしまっていたが、山間はまだ桜やミツバツツジが満開のところもあり、マイナスイオンを浴び森林浴を楽しんだ。
5/5(土)花桃の里(再度散策)~ヘブンスそのはらで森の散策(水芭蕉の群生地、山野草他)
 健脚組はロープウェイのみでリフトは使わず歩いて展望台へ・・・素晴らしい天候で南アルプスの大展望が得られる。
 昨日はガスの中で何も見えなかったとの事。今日で良かった。展望台から山頂の富士見台高原行く予定だったが、遊覧バスに乗客いっぱいで乗れず残念ながら断念。
 飯田を13:30頃出、途中渋滞にひっかかりながら自宅には夜8時ジャスト着。
※今回の宿泊地は、清内路のとある場所にて幕営。枝垂れ桜・山桜・レンギョウ・ミツバツツジ・ユキヤナギ満開の場所で、水は近くの名水・一番清水を利用。最高の環境でした。ご当地グルメもしっかり頂いてみんなんで少し太ってしまったかも・・・。昼神温泉も泉質はなかなか良かったです。

 では、花桃の里にワープしましょう。
最初に目にしたのは昼神温泉の阿智川の堤に咲く花桃IMG_8512_convert_20120513190851.jpg
阿智村の清内路を走る(256号線沿い)
IMG_8744_convert_20120513191325.jpg
街道も民家の庭先もそして山の中までも花桃が点在し
まさに花桃街道
さまざまな緑の萌え木に山桜・山吹などが交じって
さらにさらに花桃がき~れ~い!
IMG_8687_convert_20120513185422.jpg
花桃の里 橋のたもとから
IMG_8665_convert_20120513194648.jpg
ちょうど見ごろ・・・花に勢いがあります
IMG_8601_convert_20120513023221.jpg
お天気も最高!花桃も最高!
P5050039_convert_20120512234823.jpg
早朝の花桃たちはとびきり美し~い!
P5050049_convert_20120513014439.jpg
もうひとつの橋の方
P5050030_convert_20120513203506.jpg
花桃のおかげで河原も絵になります
IMG_8762_convert_20120513015357.jpg
花桃の里・・・思ってた以上に素晴らしい所でした
IMG_8651_convert_20120513015812.jpg
かわい~い!
IMG_8669_convert_20120513020533.jpg
散ってなお魅せます!
P5050018_convert_20120513212606.jpg

駒つなぎの桜(園原))嬉し~い!まだ花びらが少し残ってるぞ~
源義経が奥州に下向をする時、この木に馬を繋いだといわれている
IMG_8558_convert_20120513025223.jpg
エドヒガンザクラ 目通り4m 高さ約20m
 IMG_8575_convert_20120513211532.jpg
姿見不動滝(清内路)(落差20m 幅6.3m)
滝の上の方の壁面に不動尊が現れるらしい・・わかるかな?
IMG_8680_convert_20120513215845.jpg
小黒川のミズナラ 樹高18.2m 幹回り7.25m 樹齢推定300年
ヘブンスそのはらで見た珍し~い黄色のミズバショウ
IMG_8709_convert_20120513222021.jpg IMG_8813_convert_20120513222429.jpg
 
<花桃発祥の地>
 ドイツのミュンヘンから、電力会社社長であった福沢桃介(福沢諭吉の娘婿)が、3色に咲く花桃の美しさに見とれ3本の苗を購入し帰国、大正11年、木曽の発電所庭に植えたのが始まりと言われている。
 阿智村の住民が少しずつ増やし今では春先は素晴らしい桃源郷と化し、類いまれなる風景が姿を現す。

 
 今回の家族旅行は、「東北の桜にするかそれとも信州あたりにするか」となかなか決まらず、ギリギリになって
この「花桃の里」が信州検索中に目に飛び込み、「何やらタイムリーかも」と決めたのだが、こちらにして本当に良かったと思った。というのは、後日青森に帰省された方の話を聞く機会があり、その方の話だと「天気も悪く弘前城の桜も散ってしまっていた・・」との事・・・毎度行先はくろすけ任せの家族なのだが、天気にもいつも恵まれていてラッキ~だ!くろすけの~、いや家族の行いがきっと良いのだろう・・・
家族に感謝


スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/7-301e2605

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫