3日間雨マークは消えず・・・③

 2013-07-22
栗駒山(須川コース)
栗駒山は奥羽山脈の中央に位置し、岩手・宮城・秋田の3県にまたがり、標高1627mのコーデ型(富士山型)の休火山。岩手では須川岳、秋田では大日岳、宮城では駒ヶ岳とそれぞれ別名がある。

▲2013.7/15(祝月)曇時々雨
 早朝4時前には起床。山の準備後、お片付けと清掃をするのが決まりなのでそれぞれが担当分を含め自発的にする。5時小雨降る中、自然の家を栗駒山に向けて出発。途中コンビニなど寄りながら、登山口(岩手側)須川高原温泉に着く。雨は今はあがっているがまだ分厚い雲がある。最終日のスタート7:44。登山道の横を温泉の源泉が流れ、硫黄のにおいがたちこめている。
IMG_5516_convert_20130722224836.jpg
10分ほど登って行くと、キンコウカの群生が広がる名残ケ原に出た
IMG_5562_convert_20130722211015.jpg
木道を進み、左側に山の斜面が白っぽく見えてくると間もなくゼッタ沢の沢音が聞こえてきた。昨日の焼石岳の渡渉と比べれば何てことはないが、石の上でこけないよう注意しながら渡る。
IMG_5521_convert_20130722211108.jpg IMG_5529_convert_20130722211201.jpg
柵のある登山道の左側は地獄谷、硫化水素?の微かな臭いも感じながら、丸太の敷かれた緩い階段状を登って行く。
IMG_5534+(2)_convert_20130722211501.jpg IMG_5536_convert_20130722211632.jpg
少し雲がかかってはいるが、明るい感じになってきた木道を行く。
IMG_5537+(2)_convert_20130723000708.jpg
昭和湖に着いた8:34。今日は曇ってるせいか乳白色の淡いグリーンだ。15年前位の夏にやはりツアーで娘と来た事があったのだが、その時はめちゃきれいな水色だった気がするが記憶違いだろうか。
P7150114_convert_20130722211913.jpg IMG_5542_convert_20130722211740.jpg
休憩後、いよいよ胸突坂の急勾配の階段に取付く。途中からやはり雨が降って来た。登山道は今朝までの雨の分もあり、池状になっている所が多かったが、靴は昨日すでにグショグショになっているので今更気を使うことはない。潔く濡れて歩を進める。コバイケソウの小群落が雨に煙った先に2か所ほど見えた。賽走りから天狗平までザレた所を登って行く9:21
IMG_5544+(2)_convert_20130722212046.jpg IMG_5546+(2)_convert_20130722212450.jpg
巨大な奇岩の天狗岩はまるでゴジラのようにも見えた。9:27
IMG_5548_convert_20130722220455.jpg
天狗岩から400mで栗駒山山頂1627.4m(9:41着)
雨で視界無し!少し休憩してすぐに下山となる。往路を戻る。
IMG_5550_convert_20130722212720.jpg IMG_5551_convert_20130722212631.jpg
ハクサンシャクナゲの咲く登山道をぐんぐん下って行く。
IMG_5553_convert_20130722212936.jpg IMG_5554_convert_20130722213034.jpg
またまた雨に降られてしまったが、もうあきらめ否、悟りの境地で足取りも軽くぬかるんだ登山道を降りて行く。
出発地の須川高原温泉には11:23着。リーダーより入浴可との事で、12:10の出発に合わせて、大急ぎで一風呂浴びる事にする。(入浴料600円)
須川高原温泉は、岩手と秋田の県境標高1126mにあり、泉質は含鉄・硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉塩(硫化水素型)。毎分6000Lの湧出量を誇り、湧出した源泉は川となって流れている。
右下の写真の塀の中の露天風呂に入りました。洗い場のお湯の出が悪かったので、女性の人数の多いこともありシャンプーはできませんでしたが、一汗流せたので、身体がすっきり、サッパリ。源泉かけ流し、白濁した湯、♨おんせ~ん♨の代表のような良質の温泉でした。できればもっとゆっくり入りたかったなぁ・・・。
IMG_5563_convert_20130722225542.jpg IMG_5515_convert_20130722210758.jpg
 帰路は3連休の最終日という事もあり、渋滞にもあったりしたが、思ったほど遅くにならず帰れたのでほっとしました(自宅23時過ぎ到着)。何せ、翌日は仕事ですもの・・・それも過密な・・・。

♦出会った花達(一部)
・オノエラン          ・サワラン?
IMG_5557+(2)_convert_20130722213542.jpg IMG_5560+(2)_convert_20130722213629.jpg


 今回の山行は、あいにくの雨に祟られましたが、焼石岳での渡渉などは今後の山行に大いに役立つ貴重な体験をさせて頂いたとリーダーの方々に感謝しております。見れなかった一切経山の「魔女の瞳」、紅葉が素晴らしいと言われている栗駒山や焼石岳など季節を変えてまた行きたいですね。

スポンサーサイト
タグ :
コメント
あいにくの天気でしたね。
晴れていれば展望と花と満喫できたものを・・でもこんな時もありますね。
膝までの中を渡り歩くなんて、さすがくろすけさんです。
自分なら撤退派です。
【2013/07/23 08:07】 | yamasanpo #- | [edit]
昭和湖の水面の色
15年前に見た時と違うのは
雨の影響でしょうか?
それとも少しずつ自然が損なわれているんでしょうか ?

自然美があふれる風景写真を
見て楽しむだけの私ですが、
最近の観光名所の中には
あきらかに昔と違ってしまった場所が多くありますしね

それにしても最後の最後まで
雨にたたられ大変な旅でしたね。
そして翌日にはお仕事!…しかも過密って
見習わなくては・・・なんて言える範囲を
超えておりまする~o (>_<) o
【2013/07/23 12:46】 | 森のくまくん #- | [edit]
毎回晴とばかりはいきませんが、
やはり楽しみは半減しますよね。
でも性格的にそれなりに楽しめちゃうタイプです。
思いがけない発見なんかもあったりしますので・・・。

本格的な渡渉は初めてで、
リーダーの判断による決行でしたが
単独でしたら当然撤退していたと思います。

「自然を甘く見るなよ・・・」と肝に命じ、
「自分を過信するなよ・・・」と
常々自分に言い聞かせてはいるのですが・・・i-229
【2013/07/23 20:13】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
昭和湖の色は、たぶんお天気(青空とか曇とかの光)の
関係もあるのかと思いますが、
暇?なときに写真を探して確認してみましょう。

単独で行く時は、天気の良い場所を狙っていく場合もありますが、
クラブ(ツアー)では、そんな訳にはいかず、
リーダーの判断の元、自然のなすがままをただ享受するのみです。

ここのところ、またまた仕事(やってる事は楽なのだが、拘束される時間が長い)が
過密スケジュールになっているので、何かと大変です・・・が、
好きなことをやるために働いているので、頑張らなくっちゃ!i-278

【2013/07/23 20:45】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

栗駒山も焼石岳もお花のきれいな山ですよね。
栗駒山には数年前登りに行ったのですが、やはり大雨になり、昭和湖までで引き返した苦い思い出があります。
この記事を見て、今度は絶対ピークまで行きたいな~なんて思いました。

それにしても、雨の中、三日間も歩き通したなんて、ほんとにすごいの一言です!
お疲れ様!!
【2013/07/25 23:57】 | ピテカン&カッパ #- | [edit]
こんばんは。

クラブ山行だし、遠い所なので、
一人だけ戻る訳にもいかず、
天気の悪い中それなりに楽しみました。

お花の写真を撮る時などは
団体行動では、ゆっくり落ち着いて撮れず
やっぱ、くろすけは単独があってるのかなぁ・・・
なんて思ってしまいます。
【2013/07/26 21:27】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/73-0fe26269

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫