蓮華温泉~白馬岳~清水岳~雪倉岳~朝日岳縦走①

 2013-08-11
2013.7/29(月)~8/2(金)単独
 今夏の北アルプスは北部方面、蓮華温泉から、朝日岳~雪倉岳~白馬岳~清水岳~祖母谷温泉へと縦走計画していた。花咲く尾根と秘湯・名湯と謳われる2か所の温泉が楽しみだったのだが・・・。

▲2013.7/29(月)雨時々曇
<蓮華温泉へ>
 いつもなら経費節約のため、夜行バス利用が多いのだが、今回はどうしても登山口までのバスとの連絡がうまくいかず、新幹線など乗り継ぎ登山口へ。地元9:09発(電車)大宮(新幹線Maxとき317号)越後湯沢(特急はくたか8号)糸魚川(大糸線が先月の大雨で線路下の護岸壁が崩れたため、運休となり、バスで代行輸送となる)平岩最終14:50発(糸魚川バス:バス代1490円)蓮華温泉ロッジ15:50到着。(新潟県側からの北アルプスへの登山口:標高1475m)

 あ~あ、朝の出発時から雨。でも平岩駅に着く頃には何とか止んでくれた。登山口の蓮華温泉ロッジに向かうバスの乗客は何とくろすけ一人。バスの車窓からは雨飾山(2003.10夫と)などが見えた。天気が悪くてこんなに山がはっきり見えるのも珍しいと運転手は言っていた。1時間ほどバスに揺られ、終点のロッジの駐車場で降りる。温泉の匂いに誘われるようにして駐車場から2~3分でロッジに到着。
P7290124+(2)_convert_20130807173306.jpg P7290125+(2)_convert_20130807173442.jpg P7290129+(2)_convert_20130807173518.jpg P7290132_convert_20130807173611.jpg
 受付を済ませ、部屋(2F103:くろすけ含み女性4人)へ荷物を置き、天気が気になるので、も一度受付に行き、今後の予報がどうなってるのか聞いてみる・・・  これから4日間マーク、3日目だけが辛うじて午前中との事。 前日の天気予報では、初日だけ悪くて、後の4日間はマークだったのに・・・何たる急変だ!・・・ どうしたもんか・・・4日目が清水尾根から百貫ノ大下りを経て祖母谷温泉へ一気に1800m近く下る、普段でもぬかるんでる悪路らしいし、沢の渡渉も4回ほどある・・・雨が降り続いたら・・・  前回の東北の山は、団体でリーダーの元、勢いで行ってしまったが、今回は一人・・・心が少し揺れた・・・が、意外に早く決断!・・・安全?コース選択!・・・急遽、コース変更で、衛星の電話を借りて、それぞれの小屋にキャンセルやら宿泊日変更の連絡を入れる。
 気持ちを切り替えて取りあえず今日は、せっかくの秘湯・名湯に来たのだからと、食事前に露天風呂を巡ってこようと出かけてみる。途中から小雨が降り出したのが幸いしたのか、「三国一の湯」で3人連れとすれ違っただけで後は誰にも合わず、短時間でしたが大自然の中の露天風呂(3か所)を大胆にも生まれたままのお姿で失礼ふくよかな山姥のお姿でしっかり味わいました。
※薬師の湯だけ、雨が本降りになってしまったので翌日早朝に入りに行きました。(くろすけは、温泉に水着を着て入るというのは、どうも好きじゃなく、古いタイプのようです

 遊歩道を周回する形で源泉の違う4つの露天風呂がある。
何れも更衣室や洗い場などありません。基本混浴です。
遊歩道といっても緩い傾斜の登山道。10分ほど登って行くと、最初の湯「三国一の湯」がある。※写真順不同。
P7290133+(3)_convert_20130807190306.jpg
・左:①三国一の湯(酸性アルミニウム硫酸塩泉)一人入ればいっぱいの湯船。冷たい程ではありませんがかなりぬる目の湯。
・右:②仙気の湯(単純酸性泉)三国一の湯から5分、視界が開け、天気が良ければ、雪倉岳~朝日岳などが見える。
ちょうどいい湯加減。気持ちいい~最高!
P7290134+(2)_convert_20130807174151.jpg P7290135+(2)_convert_20130807174242.jpg
④黄金湯(マグネシウム炭酸水素塩泉)緑に囲まれた所で、丁度黄色のタマガワホトトギスが咲いていて、いい感じでした。自分撮りしてる最中に、底のぬめりで滑って、カメラもろとも沈んじゃいましたが、防水カメラでよかったぁ~・・・。右:薬師湯への道。仙気の湯から蒸気の吹き上げる危険地帯の傍を5分ほど登って行く。
P7290152+(2)_convert_20130807174450.jpg P7300165+(2)_convert_20130807211508.jpg
蓮華温泉で一番高い所にある③薬師湯(酸性硫酸塩泉)へは、翌日の早朝5時頃行きましたが、すでに2組の夫婦が入っていました。
お湯が熱すぎるので皆さん、記念撮影が済むと長居することなく出て行かれたので、安心して一人気合を入れて入りましたが、動くとあちちで罰ゲームの風呂のようでした。ここだけは小さな岩で囲ってありました。
P7300171+(2)_convert_20130808062938.jpg P7300169+(2)_convert_20130808063335.jpg
薬師湯の帰りに下の仙気の湯を眺める
大自然のど真ん中、野趣満点の露天風呂!
素っ裸で自然にかえるのだぁ~・・・ 
この「解放感」、たまりませんねぇ~・・・(翌日に撮ったもの)
P7300173+(3)_convert_20130807180510.jpg
4つの露天風呂を完湯し、大満足!のくろすけでした。

露天風呂への道中で咲いていた花など
・ホツツジ    ・コケモモ   ・ノリウツギ   ・エゾアジサイの道
P7290146+(3)_convert_20130807205935.jpg P7290148+(2)_convert_20130807203607.jpg P7290150+(2)_convert_20130807203637.jpg P7290158_convert_20130807203728.jpg

展望こそなかったものの、ワイルドな露天風呂を楽しみ、5時半夕食となる。
・夕食(ウド蕗という山菜を初めて食した:ご飯の左上)   ・コケモモジュース
P7290160_convert_20130807204015.jpg P7290163+(2)_convert_20130807204058.jpg
ロッジの内湯(源泉かけ流し)にも、勿論、今度はゆっくり入り、計画変更したので、明日のルートを確認してから、20時過ぎには就寝  
 どうか明日も、雨は激しくは降りませんように・・・・

<おまけ>
・見~つけた、面白!サルノコシカケから変身!
ラッコ?アザラシ?白熊?
P7290161_convert_20130807204203.jpg


※多忙が復活し、1日24時間では足りませ~ん・・・。
 パソコンの前で、いつの間にやら

 更新大分遅くなりそうで~す。 m(_ _)m 


       ※その②へ続く
スポンサーサイト
タグ :
コメント
私達は蓮華温泉から朝日岳~雪倉岳の周回でした。
いつか白馬岳~清水岳~祖母谷温泉へと縦走をしたいなあと思ってました。
タイムリーなレポで、期待してます。
【2013/08/12 09:22】 | yamasanpo #- | [edit]
今回、連日雨の予報となってしまったので、
コース変更し祖母谷温泉へは抜けませんでしたが
変更せず最初の予定通り行っていたら
祖母谷に抜ける4日目が1番雨量が多かったので、
どんなになっていたのやら・・・
コース変更は結果的には正解だったかな・・・
と思っているのですが・・・。

祖母谷へは、くろすけも何れは縦走したいと思ってます。
【2013/08/12 21:34】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
ホントにお天気に恵まれない登山が続きますね。
勇気ある計画変更…残念でしたけど
無理は禁物ですものね。。。
なんてシロートが言うと笑われちゃいますが

ところでくろすけさん温泉の写真の中
どさくさに紛れるように小さく小さく
写っているお姿は………由美かおるさんですか~?

で、長くなってすみませんが、
どうしても気になって・・・
祖母谷温泉って黒部渓谷のず~と奥にあって
1時間以上歩かないといけないっていう秘境の温泉ですよね~
例によって写真でしか見たことないんですけどね…(^_^;)
キャンセルした宿って…もしかして…ここですかぁ?
【2013/08/12 22:13】 | 森のくまくん #- | [edit]
「由美かおる」とは、ほど遠い「風かお~る」のくろすけで~す。
キャンセルした温泉(山小屋)は、
「ピンポ~ン!」森くまちゃんの言う通りの所です。
付近の河原はどこを掘っても温泉になると言う所で、
山小屋にも男女別の露天風呂有りで、
くろすけはゴージャスも嫌いではありませんが、
どちらかというとひなびた感じのこういう所が大好きなので
楽しみにしていたのですが、またの機会になってしまいました。

今回の山も天気にはあまり恵まれませんでしたが、
花いっぱいのコースだったことが唯一の救いです。

続編②~⑤何とか頑張ってアップしていきま~すi-229・・・。
【2013/08/12 23:46】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/75-e7ff7e69

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫