2013京都紅葉巡り(その①高雄~嵯峨野・嵐山エリア)

 2013-11-29
 くろすけ恒例京都紅葉巡り。何となく7年続けようなんて思っていて、今年はもう6年目の秋になる。バスの予約だけは早くに取っておいたものの、何だか今年はノリが今ひとつで、間際まで行こうか行くまいか揺れていた・・・が、天気は良さげだし、気分を一新する意味でもやっぱ行って来るかぁ~・・・。取りあえず場所は、紅葉が見ごろになっている所でいいやぁ~・・・と、最初の頃と比べると随分熱も入らなくなってしまって・・・

一日目
■2013.11/21(木)晴  一人旅
 前日、東京駅八重洲南口改札から鍛冶橋駐車場23:00出発の夜行高速バスにて京都駅八条口5:42着。
京都タワー側のバスターミナルに移動し、高雄へのバス待ちの間、駅前の進々堂のベンチでスコーンとコーヒーで簡単な朝食。
6:30にお店が開くので、お気に入りのロースハムと自家製ピクルスのサンドイッチ(昼食分)をGET。
 
 今日は、高雄から清滝川に沿って(錦雲渓)ハイキングし、嵯峨野・嵐山へと抜けるコースを選択。本当は、保津峡駅へと抜け、トロッコ列車に乗りたかったのだが、先日の台風の影響で保津峡駅だけがまだ乗降りができないとの事で、遠回りだが寄り道しながら嵐山からトロッコ列車に乗ろうと計画したのでありま~す。(高雄~清滝ハイキングコースは2度目、嵯峨野~嵐山までは3度目の再訪です。)

 JRバス「高雄・京北線」7:15発に乗り約50分、栂尾で下車(バス代500円)。10人位降りたかな。
北側のせいか何となく暗い雰囲気だが、陽が射せばさぞかし美しいモミジのトンネルだ。紅葉はきれいに色づいてる所まだこれからの所とMIXしている。
高山寺の裏参道(写真右側)より、石段を上がって行く。8:19
IMG_0012_convert_20131126135646.jpg

IMG_0015_convert_20131127195930.jpg IMG_0017+(2)_convert_20131127200147.jpg
高山寺の裏門(入山料500円) 8:26
 高山寺は日本で初めて茶が作られた場所として知られる。
IMG_0018+(2)_convert_20131126151442.jpg IMG_0035+(2)_convert_20131127200559.jpg
国宝:石水院(料金600円)       ・鳥獣人物戯画
IMG_0030_convert_20131126151034.jpg IMG_0024_convert_20131126144248.jpg
縁側からは、紅葉と雄大な山並みも見える
IMG_0025_convert_20131126151118.jpg IMG_0043+(3)_convert_20131127210111.jpg
表参道の杉林を下りて行く。
IMG_0046+(2)_convert_20131127201555.jpg IMG_0049_convert_20131126144329.jpg
周山街道を紅葉を楽しみながら行く。
・西明寺への入口、清滝川にかかる指月橋
IMG_0058_convert_20131126151941.jpg IMG_0059_convert_20131126153852.jpg
西明寺の表門、これより境内(料金500円) 9:15
IMG_0063_convert_20131126152055.jpg IMG_0066_convert_20131126152216.jpg
真っ赤なモミジは終盤のようですでにたくさんの葉を落としていた
PB210001_convert_20131126153334.jpg PB210005_convert_20131126152726.jpg
右は薄暗いが鐘突堂。
IMG_0074_convert_20131127211235.jpg IMG_0088+(2)_convert_20131127211330.jpg
土産物屋が並ぶ高雄橋の手前辺りから観光客がぐんと増え始める
IMG_0094_convert_20131126154419.jpg IMG_0097_convert_20131126154542.jpg
神護寺への参道を登って行く。
青空をバックに朝の光を透してモミジ達がひときわ美しい。
IMG_0098+(2)_convert_20131126163804.jpg IMG_0105+(2)_convert_20131126160326.jpg
・熟年夫婦がいい感じ・・・旅行会社のCMに使えそうなシーンだ。
IMG_0107+(2)_convert_20131126160808.jpg
 燃ゆる・・・ 
IMG_0114_convert_20131126160853.jpg
神護寺への石段を登る。前に来た時は、石段から見上げるモミジはほとんど散り掛けていたが、今回はまだ緑色が多い。(料金500円) 10:07
IMG_0118+(2)_convert_20131127223232.jpg IMG_0169_convert_20131126163453.jpg
これより神護寺の境内にて
 燃ゆる・・・
IMG_0123_convert_20131126161000.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0125+(2)_convert_20131126161216.jpg IMG_0127+(2)_convert_20131126161253.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0131_convert_20131126162452.jpg
・ソレ~~ッ!苦しみ・災い飛んで行け~~・・・。
神護寺境内の一番奥、地蔵院前の展望広場から錦雲渓に向かって投げる「かわらけ投げ」。(素焼きの皿「厄除けかわらけ」2枚100円)
IMG_0151_convert_20131126163024.jpg PB210017_convert_20131129010209.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0156_convert_20131126162651.jpg
 燃ゆる・・・
PB210021_convert_20131129011129.jpg
 燃ゆる・・・
PB210024_convert_20131129010751.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0159_convert_20131127213929.jpg
 燃ゆる・・・
IMG_0161+(2)_convert_20131127221312.jpg
神護寺より下山し、清滝川(錦雲渓)に沿ってハイキングスタート
・料亭へと渡るもみじ橋とやらが情緒があってとてもいい。
(この橋は渡りません)
IMG_0181_convert_20131127233625.jpg IMG_0182_convert_20131127233728.jpg
ポッカポカの今日はハイキング日和。清滝川を右に見ながら進んで行くが、所々に台風の残骸らしきものが見え隠れする。旧ダムのようなこの場所は、神護寺の展望広場からも遙か下の方に微かに見えた所だ。前来た時は此処のモミジはも少し赤かったような・・・
IMG_0185_convert_20131129170125.jpg IMG_0187_convert_20131127233957.jpg
杉木立越しに・・・
IMG_0190+(2)_convert_20131128005056.jpg
・北山杉
IMG_0192_convert_20131127234103.jpg IMG_0194_convert_20131127234604.jpg
コンクリ橋を渡り、今度は川を左に見ながら・・・清らかな流れは、心身の悪いものを浄化してくれるようで何だか気持ちがいい
IMG_0199_convert_20131127234840.jpg IMG_0204_convert_20131127235001.jpg
・愛宕山登山道入口         ・金鈴橋 12:09
IMG_0209_convert_20131127235129.jpg IMG_0215_convert_20131129164743.jpg
・金鈴橋より上流(左)と下流(右)            
IMG_0211_convert_20131127235506.jpg IMG_0210_convert_20131127235201.jpg
・蛍マーク発見!(渡猿橋
 夏にはきっと蛍が乱舞し、その光りが異次元界へと誘ってくれる事でしょう・・・
IMG_0217+(2)_convert_20131128000211.jpg IMG_0221+(2)_convert_20131128000404.jpg
また橋を渡る。
IMG_0229_convert_20131129203222.jpg
色鮮やかさには欠けるが、静かな秋色の風景が広がっている。
IMG_0234_convert_20131128001231.jpg
落合橋はこれでしょうか?まだ台風の残骸が・・・
IMG_0247_convert_20131129210738.jpg
清滝川から離れ車道を歩くが六丁峠まではずっと登りで大汗をかく
・保津峡にかかる橋が見える        ・六丁峠 13:07
PB210027+(2)_convert_20131129014923.jpg IMG_0252+(2)_convert_20131128003259.jpg
六丁峠より下りとなり、8分ほどで鳥居本13:15到着。去年来た時は、平野屋さんの屋根にかかるモミジはすっかり落ちてしまっていたが、今年はドンピシャ!調度見頃だ。
IMG_0266+(2)_convert_20131128010327.jpg
・モミジの重なり、表情が少しずつ違う・・・
IMG_0267_convert_20131130163503.jpg IMG_0268+(2)_convert_20131130163624.jpg
苔むした藁ぶき屋根にモミジのグラデーション
・・・日本の郷愁に駆られる美がここにある。(余りにも定番すぎて )
IMG_0328_convert_20131128011851.jpg
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)料金300円
仁王門を入り坂道に沿って進むと様々な石仏(羅漢像)が出迎えてくれる。全部で千二百躰あるそうだ。ユニークなものやらユーモラスなものなど一つ一つみんな違っていて面白い。一般の人によって彫られたものだそうな。
IMG_0272+(2)_convert_20131128014625.jpg IMG_0275+(2)_convert_20131128014752.jpg
・面白羅漢がいろいろ・・・
IMG_0274_convert_20131130194103.jpg

IMG_0282_convert_20131201203230.jpg IMG_0306+(2)_convert_20131201203337.jpg
「ふれ愛観音堂」歴史的に初めて、目の不自由な人達に、仏との縁を結んでもらうために生まれた観音様が祭られているんだとか。
心の目と手で触れる事で、心身の痛みを癒して下さい・・・との事でした。
IMG_0290_convert_20131201194620.jpg

IMG_0298+(2)_convert_20131128014943.jpg
この先の化野念仏寺は、おどろおどろしい感じだが、ここはなんかホットするような和みが感じられる寺だ。
IMG_0313_convert_20131128015124.jpg
化野念仏寺への坂道
IMG_0342+(2)_convert_20131128015625.jpg
厭離庵は、門から覗くだけでまだ中には入った事が無かったので立ち寄ってみた。藤原定家が百人一首を選んだ山荘跡と言われている。料金500円
IMG_0363+(2)_convert_20131128020943.jpg IMG_0358_convert_20131128021058.jpg
小さな庵だが、なかなか情緒がある。
IMG_0360_convert_20131128020449.jpg
 燃ゆる
IMG_0353+(2)_convert_20131202195250.jpg
清凉寺の境内を通り過ぎ、寄るつもりのなかった宝筐院にうっかり間違って入ってしまった。 料金400円(行きたかったのは宝厳院)
IMG_0392+(2)_convert_20131128023716.jpg IMG_0366_convert_20131128022207.jpg 
前回来た時は庭園全部が燃えるようだったが、今回はまだ緑が多い
IMG_0367+(2)_convert_20131128024958.jpg IMG_0368_convert_20131128022433.jpg
燃ゆる・・・表門傍で
IMG_0385+(2)_convert_20131128023011.jpg
トロッコ列車に乗るために嵐山駅に向かう。常寂光寺前では去年余りにも素晴らしかったので、も一度寄りたい誘惑にかられたが、物凄い人なのであきらめる。
 おやっ、通り沿いの庭木にお人形が・・・メルヘンチックな雰囲気につられ、ついつい入ってしまった喫茶店「アイトワ」でコーヒータイム。人形作家の森小夜子さんの工房の隣に素敵なテラス付のカフェ。手作りケーキ(マッセナ)とコーヒーのセット700円を頂く。
PB210059+(2)_convert_20131130030217.jpg PB210043+(2)_convert_20131130030319.jpg
・もふもふだぁ~・・・可愛いがいっぱ~い!
PB210054_convert_20131128030559.jpg
トロッコの嵐山駅。昼の部の最終16:07に間に合うように30分以上前に窓口に着ましたが、全席完売との事で乗車できず残念!ガックリ!ライトアップの部が1人空きがあると言われたが、今回はやめにした。
嵯峨野の竹林から野宮神社へと抜け、渡月橋を確認しておきたかったので、テクテク向かうが、とにかく平日なのに凄い人だ。
PB210061+(2)_convert_20131129020142.jpg PB210063+(2)_convert_20131129020056.jpg
・嵐山の紅葉はまだ色づき始めたばかり・・・
2010.11/26に訪れた時は、嵐山は紅葉真っ盛りで、桂川のほとりに黄金色に色づいたエノキの大木と、アーチ型になった真っ赤なもみじの木があり、今回もできればそれを見たかったのですが、残念ながら色づきはまだまだでした。
 渡月橋も民族の大移動の様に大勢の人が渡っている。台風の痕跡は良く見ないとわからない位に橋も周辺も復旧していた。地元の方はじめ様々な方々の努力で今日に至った事、あらためて感謝致します。お陰様で何の支障もなく観光する事ができています。有難うございます。     ※右:中央よりすこし右の丸く尖って見えるのが愛宕山らしい
PB210068_convert_20131128030655.jpg PB210071_convert_20131128030730.jpg
本日の晩御飯は嵐電嵐山駅近くの「ぎゃあてい」と言う所で、おばんざいバイキング(1890円)する予定にしていたのだが、仕込んだものが無くなり、時間前に早くも終了。ざんね~ん!
仕方な~く第2候補のお店へ。
鯛匠HANANA・・・鯛茶漬け御膳2000円
真鯛の薄造りをまず特製ゴマだれで味わってから、次はお茶漬けで頂く。デザートのカボチャプリンもGOOD!
・・・大変美味しゅうございました。大満足!
PB210073_convert_20131128030838.jpg PB210074_convert_20131128030907.jpg
食前酒で頂いた白ワインがほど良く身体に効いて、きりっと冷え込んできた夜の空気までも心地良い。

 本日の宿泊先は、今年4月にも利用した宇多野のユースホステル。こぎれいだし、設備は整ってるし、スタッフの感じもいいし、何てったって、1泊素泊まりで3300円と超お安い。(非会員でもOK)
「最も居心地の良いユースホステル」とやらを2年連続受賞してるんだとか・・・お薦めのYHです。
市バス11で、山越中町で下車(190円)し、徒歩約10分でYHに到着。受付で手続きを済ませ本日は1Fの一番奥の部屋へ。4人部屋で満室だった。入浴し、明日の準備をし22時過ぎ就寝。 
 明日もいい日でありますように・・・

        
          ※2日目に続く。(近日中アップ予定)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
私たちも昔、夫婦で京都にハマりました
徳島から京都駅までは高速バスで3時間
日帰りで狭いエリアをのんびりと…
毎年行こうねって言いながら
4年で終わってしまいました。。。(-.-;)
最後に言ったのが嵐山で
やっぱり、渡月橋、竹林で写真を撮りましたよ~
まだまだ行きたいところがたくさん残ってて
もう一回、復活させたいなぁ~~~
【2013/11/30 22:13】 | 森のくまくん #- | [edit]
こんばんは。
徳島からだと京都まで意外と近いんですね。
夫婦二人旅が一番いいですよね。
くろすけの夫は、数年前から脚の調子が悪くなり、
どうしても歩くことがメインのお出かけは
くろすけひとりが多くなってしまいました。
京都は、シーズン中は、平日でもとにかく物凄い人なので、
毎回これにはうんざりですが、
タイムスリップして、日本人としての美意識を、
あらためて目覚めさせてくれる「素晴らしい」が
たくさん詰まったところですね。
是非、熱い思いがあるうちに、
そして元気なうちに復活を・・・。
【2013/12/01 19:25】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
さすがに京都ですね。
息を飲む鮮やかさです。
実際にこの眼でみてみたいものです。
【2013/12/01 20:29】 | yamasanpo #sSHoJftA | [edit]
今年の京都の紅葉は、
地元の方のお話ですとやはり鮮やかさに欠けるとの事でした。
が、特に2日目に訪ねた天授庵、高台寺などの紅葉・黄葉は
様々なシーンの中で異次元界にひきこまれるような
摩訶不思議なそして息を呑むような美しさでした。
くろすけのカメラでは、その素晴らしいシーンを
見たように感じたようにうまく収められませんでしたが、
近日中アップ予定ですので、また覗いて見て下さい。
今年は諸々で心身ともにお疲れ気味で、
ブログアップはかどりませんが・・・<m(__)m>

【2013/12/01 22:21】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんにちは~
写真の綺麗さに思わず見とれてしまいました!
京都っていい所ですねぇ(^0^;
20日に清滝や高尾にいったのですが、
やはり今年は今一って感じでした。
でもまっ黒くろすけさんのブログを見ると
同じところとは思えない美しさ!!
やっぱり歩かないとダメですね~

愛宕山山頂の愛宕神社。古来より火伏せの神様とされており
子供が3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われています。
私も10数キロの息子を背負って登りました(^o^;
昔は愛宕山にケーブルカー、ホテル、遊園地、スキー場も
あったんですよ!大正から昭和にかけての時代ですが(-_-;
【2013/12/02 14:09】 | ビビごまピッピ #- | [edit]
こんばんは。
コメント有難うございます。
京都ほんとにいい所です。
そんないい所にお住まいだなんて
羨ましい限りです。

息子さんを背負っての愛宕山登山、
愛情たっぷり注がれ、
そして色んな生き物たちに囲まれて、
息子さんは幸せですね。
きっと思いやりのあるいい子に育ちますね・・・。
【2013/12/02 18:55】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/95-6357abb3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫