2013京都紅葉巡り(その③哲学の道エリア)

 2013-12-09
■2013.11/22(金)晴 一人旅
 二日目その②より続き

12:45真如堂より白川を渡り、哲学の道に戻る。民家の皇帝ダリアが道行く人を見下ろしている。
IMG_0670_convert_20131209114110.jpg IMG_0671+(3)_convert_20131209122334.jpg
安楽寺  料金500円 13:05着
悲話の伝わる寺だが、かぼちゃ供養でも有名だとか・・・IMG_0682_convert_20131209121732.jpg
★藁ぶき屋根の山門を表から見た所
IMG_0672+(2)_convert_20131209114514.jpg
★を庭側から見た所
IMG_0675+(2)_convert_20131209114551.jpg

安楽寺より5分
法然院 13:18到着
IMG_0684+(2)_convert_20131209120129.jpg
白砂壇
白い盛り砂が両側にあり、水を表すそうで砂壇の間を通ることは、心身を清めて浄域に入る事を意味してるそうな・・・
IMG_0686+(2)_convert_20131209120223.jpg

安楽寺・法然院共に今はほとんど見かける事のなくなった藁ぶき屋根の山門。山門は、過去へタイムスリップする入口のようだ。
両寺院とも紅葉にはまだ早かったが、真っ盛りの頃は、静寂の中にさぞかし美しいシーンが待っているのだろう・・・。

 余りにも腹ペコ状態なので、法然院の中には入らず無料ゾーンだけで失礼し、銀閣寺傍の昼食エリアへ。
目指した「おめん」(うどん屋さん)は、長蛇の列。銀閣寺を飢餓状態で歩くのは辛いので、エネルギー補給で取りあえず甘いものを先に頂く事にする。
㐂美家
アイスクリームと粒あんをのせたまる豆かん(700円)が激ウマ!
くろすけは寒天が大好き。赤えんどう豆の煮え方が今まで食べた中では一番GOOD!
あんまり腹ペコで、写真を撮るのを忘れてしまいました。
PB220175+(2)_convert_20131209125053.jpg
 ここで、カメラの予備バッテリーを失くした事に気が付く。
あ~あ、結構なお値段なのに・・・毎回何かをしでかす超間抜けなくろすけ…ガックリ!もしかしたらあそこで…と思い当たる所がありましたが今更どうにもなりません。夜のライトアップ撮りの為に、こちらのお店でバッテリーの充電をお願いし、銀閣寺へ。
 くろすけは、いつも雨対策用でもう一つ防水タイプのコンデジを持参しているので、銀閣寺はこちらで撮りました。オリンパスMTOUGH-8010という2010年に購入したものですが、雨の時には大活躍してくれます。今夏の蓮華温泉では滑ってカメラごと溺れましたが、防水でしたので、当たり前ですがしっかり大丈夫でした。難点としては、自然の赤色がうまく出ないところかな・・・

銀閣寺(世界遺産) 料金500円 14:05着
PB220117+(2)_convert_20131209142508.jpg PB220120+(2)_convert_20131209145214.jpg
・銀砂灘・向月台
段形や円錐形に整えられた方丈前の白砂。
銀砂灘は月光に輝く海原を連想させる。
PB220121_convert_20131209142613.jpg
左の東求堂は室町期の書院造として最古の建物。
PB220132_convert_20131209151627.jpg

PB220134+(2)_convert_20131209142713.jpg
石段を登って行く。
PB220135+(2)_convert_20131209142840.jpg PB220143+(2)_convert_20131209142951.jpg
庭園は2段の構成で展望台からは、銀閣寺の先に街並みも見える。
PB220147_convert_20131209144250.jpg

PB220154_convert_20131209144436.jpg

PB220157_convert_20131209144525.jpg

PB220164+(2)_convert_20131209144605.jpg

PB220167+(2)_convert_20131209144651.jpg

金閣寺の華やかさより銀閣寺の渋さの方がくろすけは好きかなぁ・

14:40銀閣寺を後にし、土産物屋を通りを抜け、カメラバッテリーを引き取りにもう一度「㐂美屋」さんに寄る。京都の方々は優しくて親切な方が多いですね。お陰でライトアップは充電切れを気にせず撮る事ができました。本当にその節は有難うございました。
 
 だいぶ遅くなってしまったが昼食で、同じ通り沿いのうどん屋さん「おめん」へ寄る。やっと行列もなくなっていたが、店内はまだたくさんのお客で賑わっていた。
おめん       ・名代おめん1100円
国産小麦100%で作ったもちもち食感のうどんは美味!
旬の野菜やキンピラゴボウ、たっぷりの胡麻で頂く。
PB220180_convert_20131209155108.jpg PB220177+(2)_convert_20131209155231.jpg

 さて、お腹もいっぱいになり、土産物屋などプラプラしながら時間をつぶし、いよいよ夜のライトアップを訪ねる事にする。
高台寺 16:40着 料金600円
 高台寺は、豊臣秀吉の菩提を弔うため、北政所ねねが慶長11年開創した。高台寺蒔絵と呼ばれる優美にして斬新な蒔絵がある。
高台寺は日没後から入れるので、夕方からの待ち時間が少なくて合理的な時間の使い方ができる。うっかり入口の写真を撮り忘れたが、ここも昼同様凄い人だ。まだ夜の帳がおりる前に入場となり、近くの寺院の塔が見えた。これは何処なんでしょうかね?
IMG_0693+(3)_convert_20131209172455.jpg IMG_0692+(2)_convert_20131209171252.jpg
★ライトアップ★
IMG_0707+(2)_convert_20131209171647.jpg

IMG_0699+(2)_convert_20131209171727.jpg

IMG_0703_convert_20131209171816.jpg
・臥龍池
水鏡になった池に周りの木々が映り、何とも言えない神秘の世界が
IMG_0715_convert_20131209194029.jpg

IMG_0721+(2)_convert_20131209194121.jpg

IMG_0722+(2)_convert_20131209194210.jpg
 朝の天授庵と共に水辺の紅葉は、筆舌に尽くし難い妖しい美しさがある。魂までがこの異次元界に吸い込まれそうだ。
くろすけの写真ではとても伝えきれないのが残念だ!
この臥龍池が昼にはどんな素敵が見られるのか、また機会があれば訪れてみたい・・・。

くろすけは竹林が好きだ。竹林を渡る風が好きだ。
サラサラと笹の葉の香りが、くろすけを想像の世界へと誘う・・・
子供の頃、実家の両サイドは孟宗竹と真竹の林に囲まれていて、特に孟宗竹の林を眺めるのが好きだった。
IMG_0725+(2)_convert_20131209203206.jpg IMG_0730+(2)_convert_20131209203258.jpg
高台寺を出ると、まだまだたくさんの人が並んでいてビックリ!
早く来ていて良かった。
IMG_0733_convert_20131209170637.jpg

次は丸山公園を経て、
青蓮院(しょうれんいん) 料金800円 18:20着
まずは楠の巨木さに圧倒される。大地を鷲掴みするような根元も苔むして歴史を感じさせる。巨木も大好きなくろすけは山を登れなくなったら、日本全国の巨木巡りをしたいなぁ・・・なんて何気に思ってるのですが・・・。
IMG_0734+(2)_convert_20131209215411.jpg

IMG_0737_convert_20131209211424.jpg IMG_0760+(2)_convert_20131209215543.jpg
★ライトップ★
IMG_0740_convert_20131209211642.jpg

IMG_0745+(2)_convert_20131209211514.jpg IMG_0746+(2)_convert_20131209211548.jpg

IMG_0754_convert_20131209211955.jpg IMG_0757_convert_20131209212035.jpg
青蓮院の楠は5本あり、天然記念物に指定されている。樹高の一番高いもので26.1mあるそうだ。とにかく風格があり、見事としかいいようがない。くろすけ、人には滅多に惚れませんが、この楠には惚れました。
IMG_0763+(2)_convert_20131209212302.jpg

ライトアップよりも楠との出会いに感動し、青蓮院を後にする。
5分で地下鉄東山駅へ。烏丸御池で乗換京都駅へ。

19:34 京都タワーは、やっぱ夜がムーディーだなぁ~・・・
IMG_0765+(2)_convert_20131209212512.jpg

クリスマスイルミネーションでデコレーションされた京都駅の伊勢丹11Fレストラン街「和幸」で食事し、バス待ちはいつものようにネットカフェ「あうる」へ。
22:45発の夜行高速バスで新宿駅に6:45着。自宅に無事ご帰還となり、午後からの仕事に備えて休む・・・あ~、今回も良く歩いたもんだ。そして出会ったすべてと家族に感謝!


前回の返信コメントでも書きましたが、散りもみじは雨上がり、紅葉は太陽とのコラボ、そして水辺でがより神秘的で美しいですね。和の空間、特にもふもふの緑の苔の上に散りもみじ・・・たまらないですね。
山姥のくろすけが出会った山での素敵シーンの一つに、山の谷間に一瞬の風が吹き渡り、たくさんの落ち葉が日の光りを浴び、キラキラ輝きながら谷間に舞い落ちてったシーン・・・忘れられない素敵でした。

               ※2012京都紅葉巡りはこちらへ
スポンサーサイト
タグ :
コメント
前にも書きましたが、ほとんど私がたどったコース&行きたかったライトアップ高台寺!
くろすけさんのブログを見てから行きたかった(;;)
そしたらもっとちゃんとポイント押さえて味わって見られたのに。
『おめん』でお食事されたのですね^^
何年も前に一度家族で並んで食べました。それも今回忘れていたのが悔しいです(><)
高台寺と青蓮院、すごく綺麗ですね、行きたかったなぁ
【2013/12/11 01:48】 | ふんわり #- | [edit]
高台寺は、確かに良かったですね。
臥龍池の水鏡の世界が、本当にため息が出る程美しかったです。
今度は自然光で朝日が射し始める時間帯に
是非行ってみたいですね・・・。

ライトアップは、高速バスが夜行なので、
時間つぶしもあって見に行きますが、
青蓮院の方は、青い光りそのものは大好きなのですが、
全体として見ると大したことなかったです。
まっ、好みもありますが・・・(青蓮院さん、ごめんなさい)

食いしん坊のくろすけの食事処は、時間を有効に使いたいので、
あらかじめどこで何を食べるか決めていきますが、
この時期は何処へ行っても行列ですね。

「美しい」に出会っての感動、「美味しい」に出会っての感動、
今回の京都もWの大感動を存分味わったくろすけでした。
【2013/12/11 17:03】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
まっ黒くろすけさん、

 こんばんは。
 六甲山探検隊です。

 京都を満喫されたのですね。
 私も京都トレイルを歩いた後、おめんのうどんをいただきました。
 カウンターの隣の外人夫婦はうどんと悪戦苦闘しながらも、美味しそうに
 食べておられました。
 又行きたいと思っています。

六甲山探検隊
【2013/12/11 17:53】 | 六甲山探検隊 #- | [edit]
六甲山探検隊様

こんばんは。
続けてのコメント本当にありがとうございます。
2008年秋から京都にはまり、
山と同じでツアーから始まり、
今は自由きままな一人旅となり楽しんでいます。

話は変わりますが、
実は夕べ、日本のマチュピチュ竹田城の存在を知り、
来年は、今年1月の六甲全山縦走のやり残し分と京都の紅葉と
欲張って三つ繋げてやってみようかなぁ・・・なんて、
無謀な計画を娘に話していたところでした。i-229

あまりにもタイミングよく、六甲山探検隊様より
コメントを頂きビックリするとともに、
勝手ですが、ご縁を感じました
だいぶ先の事で、どうなるかはわかりませんが、
実行の時は、アドバイスなんか頂けたら嬉しく思います。
これって、鬼に笑われそうですね・・・。
 
【2013/12/11 21:34】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
相変わらず精力的に動かれましたね(^O^)
私達は、銀閣寺を見てから永観堂、南禅寺まで
哲学の道を歩きましたが
いつくもの名所を素通りでした(^_^;)
日帰りで朝10時に京都駅について
ワンコを家に残してたので
夕方5時には京都を離れてましたから
夜のライトアップなんて
1回も見たことないんです(;_;)
今度、行く時は
夜の京都もいいですねぇ~~~
【2013/12/13 20:20】 | 森のくまくん #- | [edit]
こんばんは。
京都は、簡単に行ける距離ではないので、
ついいつも欲張ってあっちもこっちもになってしまいます。
夜行高速バスの良い所は、早朝に着くので、
人混みを避け行動できる事と、
何てったって経費を安く抑えられる事です。
新幹線の片道分でゆとりで往復できますし、
バスの席もゆったりタイプを選べば思ったより楽です。
体力のあるうちは、多いに利用しようと思ってます。
ライトアップもわざわざ見に行くと言うよりは、
帰りの時間までの繋ぎで行っています。
今年4月桜時の平安神宮のライトアップコンサートは、
フルートの生演奏の舞台が池のほとりであり、
水鏡に映る満開の枝垂桜と共に素晴らしかったです。
やはり大変な混み様ですが、お薦めですね。
【2013/12/13 22:47】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]
こんばんは。

京都に行かれたんですね!
京都はピテカン君が、学生時代に住んでいた懐かしい土地です。

カッパも関西出身・・京都には良く行きました。
11月のこの時期は、ちょうど紅葉真っ盛りで、一番賑わう時期ですね。
カッパはなかなか訪れる機会がなく、くろすけさんのブログを懐かしく拝見させていただきました。

【2013/12/13 23:56】 | ピテカン&カッパ #9GQyiprs | [edit]
こんばんは。

京都や奈良は修学旅行で2度訪れていましたが、、
こういう所は、大人になってしみじみと味わうのがいいですよね。
京都にはまって6年目ですが、
ピテカン様はご縁のある地、、
カッパさんは関西ご出身でよく通われたという事で、
きっと一般に知られてない穴場など色いろご存じの事と思います。

何となく7年は通いたいなぁ…なんて思っていましたが、
今後は行きたくなったら、ふらっと旅にしようと思います。


【2013/12/14 19:23】 | まっ黒くろすけ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://makkurokurosuke163.blog.fc2.com/tb.php/97-1c764bd3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫